アメリカ進出・ニッポンのアメリカ事業部byシカゴ太郎

新・アメリカ進出 設立登記から事業支援

BeWords


BeWords


本日は翻訳の件でメールを遣り取りしてました。最近はアメリカでも多言語でのコミュニケーションが要求される時代。仲間がやっているフランスで立ち上げた多言語翻訳家のポータルサイト。

これまでは良い翻訳家でも初めての場合は実力レベルがわからずに委託することを躊躇するものでした。BeWordsでは巧くコミュニティ化し、小さいサンプル翻訳を無料提供する機会をもらえることでその不安を一掃。更に翻訳者や通訳者をプレミアムメンバー化してサービスの安定化することを実現しようとしています。 また、プロジェクトマネージメント機能やエスクロー支払いも可能とするなどITノウハウが活かされていて便利にできています。

各分野の専門性は高まり、ビジネスのグローバル化が進み、読み手も多様化してきています。読み手が理解し易いか読み易いかを向上する必要があります。多くの場合、理解しずらかったり読み難い場合があります。翻訳家同士もポータル上での協業も必要とされてきています。

View Shin Kishioka's profile on LinkedIn