アメリカ進出

新・アメリカ進出 設立登記から事業支援

ロッキードのシステム

フォーチュン500企業との登録が進むなかで、一見、スパムメールと思われるリンクが飛んできます。

弊社の米人たちがキャッチしてくれたからよかったですが、全く気が付きませんでした。様々なメールアカウントを持っており、一日に多いと1,000本くらいのメールがきます。スパムフォルダーに引っかかっているメールも多いです。


よくよく見たら登録が完了したロッキード社よりプロジェクト管理ソフトの PODIOを利用して、弊社のステートメント・オブ・クオリフィケションを様々な補足資料とともに提供可能な製品・技術サービスを提示する、同分散協調型システムに既に弊社情報が登録されていました。 このシステムを利用して弊社の様々な担当者が資料や情報を常に更新していける設計になっています。そこから先は色々な担当が群がりながら弊社のアカウント情報、プレゼン内容、差別化要因、取引優位性理由・事由、実績リスト、などなどを一気に仕上げていきます。

中々、うまくできているシステムで、感心しました。更新・変更・追加のログも要旨が定期的にくるので誰が何をしたのかが分かりやすいです。問題はこのような稀な一瞬のチャンスの連絡を多忙の中でも絶対に逃さない! ということなのかもしれません。

メールやシステムが発達して超高速で連絡が来る時代に、送ったつもり、伝えたつもり、および、後で読むつもり、というような『つもり』が簡単にチャンスを逃したりミスコミュニケーションにもつながります。伝えても理解しているとは限りません。今回もロッキード社が理解する内容でなければならないです。



<海外進出支援の出島>海外ビジネスコラムもご覧ください


弊社では、アメリカでのインターンシップを通じて、スーパーグローバルハイスクールやスーパーグローバルユニバーシティをアメリカはシカゴを中心にサポートしてまいります!

| 商社 | リサーチ・マーケティング | アメリカ進出支援 | テクノロジー |
|マイノリティーカンパニー MBE|