アメリカ進出

新・アメリカ進出 設立登記から事業支援

コロナウイルス下でのアメリカでの働き方

 

  こちらのアメリカ進出・設立登記「アメリカでの働き方」YouTube投稿の通り、本来はアメリカ進出や取引を目指す日本企業は3月ー5月は最も力強いスタートダッシュを切らなければなりません。

  残念ながら、コロナウイルスの影響で全ての予定が急遽変更となってしまっております。中西部イリノイ州やシカゴでも4月末まで外出禁止令、またそれも延長しそうな状況となっております。

 

 〔そんな中、シカゴではどんな仕事してる?〕

  そのような状況下でどのような仕事をしているのか?と聞かれます。

皆さま共に先週までは日本の年度末にあわせて〆の関係でバタバタとされておられました。特にコロナ関連のウェビナーなども多く、その対応などの仕事、自動車部品でも今後のサプライチェーンや見積依頼など調査を含めて忙しくされております。

 弊社でも専ら輸出入や再販(アメリカの代理店として、或いはアメリカ企業の輸出者となって輸出支援をする代行業)ビジネスがありますが、調査関連が多くなってきております。

特に、

 〇ヘルステック、ベンチャー、食関連の立ち上げ

 〇それらのアメリカの規制許認可、ビジネスモデル、販路に関する調査

 〇買取ビジネス、新規事業立ち上げに関する

 〇アメリカ現地生産化モデリング

また技術関連では、

 〇従業員勤怠管理システム

 〇効率化システム導入支援

 〇従業員退職予測システム

 〇在庫適正化発注予測システム

 〇ホームページ作成

 〇アメリカ企業向け生産効率可視化(IOT)

 〇ECサイト構築

などなどの現場に赴かない仕事が多いです。コロナの影響で事務所移転の引っ越し作業の支援や新たに業務関連のアウトソースを委託したいとった独特なものもございます。

 今後数年間の本流は省人化と圧倒的なコスト削減化につながるソリューションファースト風土となってまいりました。展示会・学会・イベント関連が延期になってしまっており、コロナウイルスの影響と雖も日本企業の皆さまには本当に申し訳なく思っております。

 

〔コロナウイルス下での働き方〕

 コロナウイルスが猛威を振るう中での働き方は、社内外で大きく変化しました。

〇デジタリゼーション・真のデジタル化に向けて=

〇現地現物化、アメリカ現地化・現調化に向けて=

〇リアルとバーチャルが隔てないほどに、瞬時に現地でエンドースされてビジネスイン

 

 を可能とする体制を構築していくことです。技術パートナーたちからも沢山支援を頂かねばなりません。

 

岸岡慎一郎

【I.T.A. のSNS】
ユーチューブ  リンクトイン  フェイスブックグループ インスタグラム 海外向けフェイスブック

【岸岡の個人SNS】
リンクトイン フェイスブック ツィッター

www.itaoffice.com

#アメリカ進出 #設立登記 #事業運営 #業務代行 #マーケティング #販売代行 #貿易 #M&A #リサーチ #市場調査 #技術支援 #代理店 #セールスレップ #IT/IoT/AI
#異文化 #商習慣 #ビジネス研修 #駐在員 #アメリカ出張 #会社立上げ